用語集

MYCODEのウェブサイトで利用されている言葉には専門的でわかりにくいものがあります。
ここではそういった言葉をわかりやすく解説していきます。

SNP(スニップ)

個人間の遺伝情報のわずかな違いのことで、一塩基多型(いちえんきたけい、single nucleotide polymorphism)とも言います。ヒトが保有する約30億の塩基対(遺伝情報は塩基と呼ばれる4つの化学物質が2つずつ対になる形で保存されている)の配列には人種や個人間で異なる部分があり、1つの塩基だけが別の塩基に置き換わっているものをSNPといいます。SNPは30億の塩基対の中に約1000万カ所、このうち遺伝子領域には約100万カ所存在すると考えられており、遺伝子領域にあるSNPの中には、体内で作られる酵素やタンパク質の量、発現の時期、機能などに違いを生み出すものがあります。この違いが、体質の違いや、ある特定の病気へのかかりやすさ、薬剤効果への反応性(薬の効きやすさや副作用の出方)などの個人差を生み出す要因になっているとされ、SNP から病気の遺伝的背景を調べたり、原因遺伝子が特定されている病気については将来の危険率を予測したりすることで、より個人に合った治療や投薬(オーダーメード医療)が展開できると考えられています。

用語集一覧にもどる