メニュー

MYCODEからのお知らせ

「腸内フローラと遺伝子型に関する研究報告」を公開

MYCODE Researchでは、ヒトの遺伝子型の腸内フローラへの影響を明らかにするため、2016年より森永乳業株式会社と共同研究を実施しています。

今回、研究の初めての成果として、日本人の腸内にビフィズス菌が多い理由のひとつが、小腸での乳糖の分解・吸収機能の弱さである可能性が示されました。

詳しいレポート内容は、こちらからご覧いただけます。

※MYCODEへのログインが必要となります。