MYCODEトピックス

病気に関する情報、ダイエット、生活習慣や健康に関する情報、そして遺伝子に関する情報など、幅広い医療・健康情報をお届けします。

今更もうやめられない!人間は1000万年前からお酒を飲んでいた?の画像食事・生活

今更もうやめられない!人間は1000万年前からお酒を飲んでいた?

お酒を飲めるようになったのは、人類が猿だったころから!
 お酒が大好き!という人、皆さんの中にもたくさんいるのではないでしょうか?では、我々人類がお酒を好きになり、飲み始めたのは一体いつからなのでしょうか?

 これまで、人間がお酒の成分であるアルコールを飲み始めたのは、はじめてお酒を作る方法が考え出された5千年ほど前からだろうと思われていました。
 ところが最近、さらにさらにもーっと昔、1千万年前からすでにお酒を味わうことができたのではないか、ということがわかってきたのです...

あなたはお父さんの若い頃にそっくりと言われるけど、顔はすべて遺伝で決まっちゃうの?の画像体質・身体

あなたはお父さんの若い頃にそっくりと言われるけど、顔はすべて遺伝で決まっちゃうの?

あたなは父親似それとも母親似?
 兄弟や親子はやっぱり顔が似ていますよね?このように、一般的に顔の形は赤の他人よりは親や兄弟に似ており、遺伝の影響が強いと考えられています。では実際に、顔の形は遺伝子によって決められているのでしょうか?
 オランダのエラスムスメディカルセンターの研究グループは、顔の形を決定する遺伝子を探索し、その成果を米科学誌プロス・ジェネティクスに発表しました...

【管理栄養士コラム】あなたは知っていますか?意外と知らないお酒の良いところ、悪いところの画像食事・生活

【管理栄養士コラム】あなたは知っていますか?意外と知らないお酒の良いところ、悪いところ

お酒の良いところ
①コミュニケーションの潤滑油になる
楽しい食卓で、料理も一層おいしくいただけます。

②適量であれば健康に良い
1週間に7合程度の飲酒は、糖尿病、心筋梗塞、アルツハイマーの発症リスクを低減するといわれています。1日1合とは、ビールならジョッキ1杯(500ml)、日本酒なら1合(180ml)、焼酎なら0.6合(110ml)、ワインならグラス1~2杯(180ml)程度です。

③ほろ酔い状態がストレス解消になる
個人差は大きいですが、血中のアルコール濃度が20~40mg/dlになると爽快な気分(陽気程度)になるといわれています...

メタボにさよならできる魔法の料理、知ってますか?の画像食事・生活

メタボにさよならできる魔法の料理、知ってますか?

魔法の料理、それは『地中海料理』
 皆さん、地中海式ダイエットって、聞いたことありますか?主に南イタリア沿岸やギリシャのクレタ島の伝統料理「地中海料理」を食べて健康を維持しましょうというダイエット法です。
 地中海料理は、主食をしっかり取り、肉は少なめで、オリーブオイル、ナッツ、果物、野菜をふんだんに使うのが特徴です。
 典型的な地中海式ダイエットでは、毎日の運動をベースに、下記のようなバランスで食べるのが良いとされています...

赤にする?白にする?がんに効くワインはこっち!の画像食事・生活

赤にする?白にする?がんに効くワインはこっち!

がんは口やのどにもできる?
 皆さんは、口やのどの中にもがんが出来ることを知っていますか?口腔がんや咽頭がんというのですが、こういった首から上の、耳鼻咽喉科でみてもらうような部分に出来るがんをひっくるめて、「頭頸部扁平上皮がん」と言います。
 アメリカではがん全体の約6%、日本では約5%がこの、頭頸部扁平上皮がんであると言われています。

 普通、このがんは、外科手術で取り除いた後に、放射線や抗がん剤で治療することになります。しかし、再発しやすかったり治療が効きにくいタイプのがんがあったり、なかなか悩ましいがんの1つとなっています...

ゲーム好きに朗報!ゲームで予防できる病気とは?の画像病気・医療

ゲーム好きに朗報!ゲームで予防できる病気とは?

増え続ける認知症
 認知症は、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、正しく働けなくなったために、記憶や判断力に障害が起こり、生活に支障が出ている状態のことです。認知症をひき起こす病気で一番多いのは、アルツハイマー病など、脳の細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」です。次に多いのが、脳梗塞などが原因で脳の細胞に栄養が行き届かなくなり、その結果脳の細胞が死んでしまう「脳血管性認知症」です。

 厚生労働省の調べによると、日本の65歳以上の高齢者のおよそ7人に1人が認知症とされています。認知症予備軍(MCI)の人も加えると、4人に1人だそうです...

“山の民”チベット人高地での生活を可能にした遺伝子の秘密とは?の画像遺伝子

“山の民”チベット人高地での生活を可能にした遺伝子の秘密とは?

4,000m級の山々に暮らすチベット人
 標高4,000mを越すチベット高原で生活しているチベット人は大気中の酸素濃度が平地の約6割という過酷な環境に暮らしています。彼・彼女らはどのようにして、そのような過酷な環境に適応しているのでしょうか。アメリカの研究グループらは、チベット人の高地適応に、ある遺伝子が関わっていたとし、科学誌ScienceとNatureに発表しました。
チベット人はなぜ高山病にならない?
 平地に住む人が高地に行くといわゆる高山病になる危険性があります...

ママの脂肪が減ると、赤ちゃんの死亡率も減少!ただし、痩せすぎはダメ!の画像育児・子供

ママの脂肪が減ると、赤ちゃんの死亡率も減少!ただし、痩せすぎはダメ!

痩せすぎちゃダメって言うけれど…
 国の調査によると、現在の日本人女性は、20代で4人に1人が、30代で7人に1人がBMI18.5以下の「痩せ」であることがわかっています。しかも年々女性は痩せ続けています。
 しかし、妊娠したときに痩せすぎていると、体重の軽い子供が生まれやすく、体重の軽い子供は将来、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすいとして、問題視されています。
太りすぎもダメ!
 だからといって、妊婦さんは太っていても赤ちゃんに影響は無いのでしょうか?いいえ、答えはノーです...

入れ歯に差し歯にインプラントはもう不要?画期的な治療法とは?の画像体質・身体

入れ歯に差し歯にインプラントはもう不要?画期的な治療法とは?

放っておくとコワイ歯周病
 お口の中には300~500種類の細菌が住んでいます。これらの細菌たちは、普段はお口の中を健康に保つために、数のバランスを保って住んでいます。

 しかし、歯磨きをさぼって口の中に食べかすが残っていたり、甘いものを食べ過ぎたりすると、歯周病菌が大喜び!一気に増えて、歯茎に炎症を起こし始めます。さらに放っておくと、歯を支えている骨まで溶かされてしまい、歯はグラグラ...

肥満は遺伝子のせい・・・?体重を〇〇倍も増やす肥満遺伝子を発見の画像食事・生活

肥満は遺伝子のせい・・・?体重を〇〇倍も増やす肥満遺伝子を発見

肥満と遺伝子の関係
 皆さん、今年のお正月太りは大丈夫だったでしょうか?お正月太りに代表されるように、一般的に肥満の原因としては暴飲暴食、運動不足が思い浮かびます。一方で、肥満には遺伝子の影響も大きく関係しているという事がわかってきています。

 これまでにも複数の“肥満と遺伝子”に関する研究はなされてきましたが、今回ご紹介するお話も、そんな“肥満と遺伝子”に関する新しい研究です...