• 子供
  • 食事
育児・子供

子供にアレを食べさせすぎると成績に影響するらしい!うちの子は大丈夫か?

2015年04月20日 10時00分

 お父さん、お母さん、大変です!子供が大好きなあの食べ物を、喜ぶからといって食べさせてあげすぎると、学業成績が伸びないという論文報告が出ました!


Cheeseburger

写真はイメージです。記事の内容と直接の関連はありません。(写真:Janine/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般)

それは、ファストフード

 日曜日の昼下がり。今日ぐらいはお昼ご飯を作らずにのんびりしたーい…そうだ!子供も大好きなファストフードへ行って、ポテトとジュース、ハンバーガーにしよっと♪
 全国のお母さんたち、思い当たる節、ありませんか?たまにはいいですが、しょっちゅうこれをやっていると、何と子供の学業成績の伸びが良くなくなるかもしれないという、聞き捨てなら無い研究報告が、米国オハイオ州立大学とテキサス大学オースチン校の共同研究グループによってなされました。小児科分野の国際誌、クリニカル・ペディアトリクス誌オンライン版で昨年12月に発表されたものです。

米国の大規模調査

 研究グループは、米国全土の幼稚園児8544人を8年間追跡調査した研究のうちの一つとして、「小学5年生のときにファストフードを食べているかどうか」が、「読み/数学/理科の学業成績の伸び」と関係があるかどうかを調べました。(また、ずいぶんと面白いことを調べたものですね。)

アメリカだからか?多くの子供が頻繁に食べていた!

 その結果、子供の3人に2人以上が、何らかのファストフードを食べていると答えており、そのうちの5人に1人は、週に少なくとも4回、ファストフードの食事を取っていました。

小学5年生で食べていたら中学2年で成績ダウン!

 5年生のときの成績の条件のほか、社会的な状況、経済的な状況、運動をしているかどうか、テレビをどれだけみるか、などを考慮して、分析した結果、何と、5年生のときにファストフードをよく食べていた場合、日本でいう中学2年生に当たる時点で、「読み/数学/理科」の3科目全ての成績が低くなっていることが判明しました。

 ファストフード、異物混入事件などで近頃話題になっていますが、これを知ってしまうとますます考えてしまいますね。でも子供も喜ぶし、「しょっちゅう」じゃなければ、たまには楽しみたいですね!


参考文献

Purtell KM and Gershoff ET. Fast Food Consumption and Academic Growth in Late Childhood.
Clin Pediatr (Phila). 2014 Dec 5. pii: 0009922814561742.

いろいろな病気のリスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる