• 2型糖尿病
  • 血糖値
  • 鉄分
  • 死亡率
病気・医療

赤身肉、レバー大好き!でも、血糖値高めな人は鉄分の摂りすぎにご注意を

2015年02月07日 12時00分

糖尿病の疑いがある、すなわち血糖値がやや高めな人にとっては、鉄分の摂りすぎに注意が必要だ、という事が明らかになってきました。


Redmeat

鉄分とらなきゃ!というセリフは言えなくなるかも?(写真:kallerna/クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植)

鉄分はしっかり摂るべき?摂りすぎちゃダメ?

若い女性に多いとされる鉄分不足。意識して鉄分をしっかり摂りましょう、というお話は良く聞きます。
一方で、糖尿病の疑いがある人、すなわち血糖値がやや高めな人にとっては、逆に鉄分の摂りすぎに注意が必要だ、という事が明らかになってきました。2014年12月、米国のフロリダ大学を中心とした研究グループは、血糖値が高めな人において、血中の鉄分が多すぎると、死亡率が高まるとの報告をしています。

血糖値と血中鉄分量の関係は?

今回、研究グループは、血糖値がやや高い人において、血中鉄分量が死亡リスクにどのような影響を与えているのか、検証を行いました。
彼らは、米国で行われた全国健康栄養診断調査(NHANES)において、血液サンプルを提供した人の情報を分析し、血液中で鉄分を運搬する「トランスフェリン」と、鉄分と結合する「フェリチン」の状況から、血糖値が高めの人における血中鉄分量と死亡リスクとの関係について調べました。

血中鉄分量は死亡リスクに影響を与える

血糖値に問題がある人同士を比較したところ、血液中の鉄分を示す指標が高い人はそうでない人よりも、死亡率が高まるということがわかりました。この死亡率は、指標によって差があり、血液中の「血清フェリチン値」が上昇していると、死亡の危険度が1.14倍高まったのに対し、「トランスフェリン飽和度」が上昇していると、なんと1.88倍、2倍近くも死亡の危険度が高まると判明したのです。しかし、なぜ死亡率が高まるのか、2つの指標にどのような意味があるのかについてはまだ明らかではないようで、今後の研究の進展が待たれます。
 
それにしても鉄分の摂取のし過ぎで死亡率が高まるなんて・・・とても恐ろしいことです。
現代では、閉経前の女性でなければ鉄分不足になることは少ないといわれています。血糖値が高めだなというあなたは、鉄分の摂取が過剰にならないように、赤身肉やレバーなどの摂りすぎに気をつけたほうが良いかもしれませんね。


参考文献

Mainous AG 3rd et al. Prediabetes, elevated iron and all-cause mortality: a cohort study.
BMJ Open. 2014 Dec 11;4(12):e006491. doi: 10.1136/bmjopen-2014-006491.

血糖値に関わる疾患、2型糖尿病のリスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!