• 脳梗塞
病気・医療

人生の目標と脳の病気との意外な関係

2015年06月25日 09時00分

 アメリカの研究グループは、平均年齢84歳の人たちを対象にして、人生の目標と脳の病気との関連を調べました。


231 purpose

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:Robert Scoble/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般)

 病は気からという言葉の通り、気の持ちようで体調が変わったりします。MYCODEトピックスでも以前に期待感でパーキンソン病の症状が改善!という記事をお届けしました。今回は、人生の目標と脳梗塞との関連を調べた研究のお話です。

人生の目標と脳梗塞との関連を調べると・・・

 脳梗塞は、脳の血管が詰まったりや狭くなることにより血液の流れが止まり脳細胞が死んでしまう(梗塞)ことをいいます。
 アメリカのラッシュ大学らの研究グループは、453人の高齢者を対象にして人生の目標と脳梗塞のリスクとの関連を調べました。人生の目標はアンケート調査により、脳梗塞は画像診断により診断しました。

梗塞を持っている人の割合が約半数に

 画像診断の結果、多くの高齢の人の脳内には大なり小なりの梗塞があることがわかりました。

 「人生の目標」と「極小の梗塞」との関連は認められませんでしたが、人生に関してより大きな目標を持っている人は、画像診断において目で見て分かるような梗塞の割合が約半数少ないことがわかりました。

 今回、人生の目標と関連があったのは主に細い血管がつまり脳の深い部分にできる小さな梗塞「ラクナ梗塞」と呼ばれるものでした。

 「人生の目標」って?と思うかもしれません。研究グループによると、人生の目標は、ボランティア、なにか習い事をする、サークル活動等でもよく、動機付けが重要だとしています。なにか一つ挑戦することから始めてみてはいかがでしょうか。

参考文献
Purpose in life and cerebral infarcts in community-dwelling older people.

関連記事
病は気から・・・?「期待感」でパーキンソン病の症状が改善!
「高脂肪食」と「脂質異常症」の負のスパイラル…果たして抜ける方法はあるのか!?
「ごはんおかわり!」は健康のためにガマンすべき?それとも気にしなくて大丈夫?


脳梗塞のリスクが気になりませんか?
唾液でできる遺伝子検査MYCODEとは