• 歯周病
  • 虫歯
  • 認知症
  • 運動能力
病気・医療

歳をとってもボケずにしっかり歩きたい!
そんなひとは、あの健康にご注意を

2015年05月14日 09時00分

 歳をとると記憶力も落ちてきて歩くのも一苦労・・・。みんな歳をとるし仕方ないのでしょうか?実は、年齢ではなく残った歯の数がこれらの能力と深く関係していることがわかったのです!


177 laugh

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:nosha/クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.0 一般)

歯はとっても大切

 歯を大切にしていますか?
 歯を失うと見た目も良くないし、入れ歯では食べ物もおいしくなくなるって聞いたことがあります。MYCODEトピックスでも、歯が抜けることと動脈硬化の意外な関係をお伝えたことがあります。
 いつまでも大切にしたい歯、その歯の数が記憶力や運動能力の低下と関係があるって知っていましたか?

歯がないとボケて体も衰える!?

 英ロンドン大学の研究グループによれば、認知能力や運動能力の低下は年齢によるものだけでなく、歯の本数が密接に関連しているというのです。
 彼らは60歳以上の3166名の人に被験者になってもらい、歯の有無、認知能力と運動能力を調べました。認知能力は10個の単語をもう一度言ってもらう記憶力のテスト、運動能力は歩くスピードにより評価しました。このテストを10年間の間に6回繰り返して行いました。

歯を失わないために・・・歯周病や虫歯に気をつけて

 結果として、74歳以下の場合、歯のないグループは歯があるグループに比べ、単語を覚える数が平均して約1個少なく、歩くスピードが1秒当たり9 cmほど遅いことがわかりました。この値は、詳細な年齢、性別、社会的な地位、タバコやお酒の習慣などを考慮して計算したものです。ただし、75歳以上の人にはこの傾向はあてはらまらず、同程度だったようです。

 75歳以上は関係なかったとはいえ、やっぱり、できるだけさっそうと歩きたいですよね!歯を失う主な原因は歯周病と虫歯だそうです。特に歯周病は痛みなどの自覚症状があまりなく、進行しやすいといわれています。毎日の歯磨きや、定期的に歯医者さんへ行くなどして、良い歯の状態を保ちたいですね。


参考文献

Tsakos G et al. Tooth loss associated with physical and cognitive decline in older adults.
J Am Geriatr Soc. 2015 Jan;63(1):91-9. doi: 10.1111/jgs.13190. Epub 2014 Dec 19.

歯周病や脳血管性認知症のリスクが気になりませんか。
自宅でできる遺伝子検査の内容を確認する
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!