• がん
  • 心臓病
  • 死亡率
病気・医療

「もう歳だから」はやめて、「私って若いの」って言うだけで長生き!?

2015年04月29日 10時00分

 「最近、歳とったなあ」なんて感じてる人いませんか?英国の研究グループは、実際の年齢よりも若いと感じている人の方が長生きしていることを報告したのです。


Young at heart

いつまでも若くありたいです(写真:Rosina Peixoto/クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植)

心は若い方が良い?

 英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究グループがジャマ(JAMA)インターナル・メディスンで2014年12月15日に報告した内容によると、自分で感じている年齢が若いほど、病気による死亡率が低くなるようです。
 彼らは、一般的に年配の人ほど自分は若いと感じており、そのことが健康的な生活に大きく貢献しているかもしれないと考え、調査を行いました。

自分の実年齢よりも若いと感じているかを調査

 研究グループは、研究の参加に同意した平均年齢65歳の約6500名に対し、「あなたは自分の年齢が何歳くらいだと感じますか?」というアンケート調査を行いました。この質問に対して実際の年齢よりも3歳以上若いと答えた(若く感じている)グループ、年齢とほとんど同じと答えたグループ、実年齢よりも老けていると答えたグループの3つに分けました。そして、感じている年齢と死亡率との関係を調べるため、8年後この被験者の中ですでに亡くなっていた1030人について、グループごとに死亡率と死亡理由を調査しました。

実年齢よりも私は若いと答えた人は長生き

 結果として、実年齢より老けていると感じていたグループは、若いと感じているグループよりも50%も死亡率が高かったことがわかりました。この値は、年齢や性別、病歴、民族性、お金持ちかどうかなどをすべて考慮して計算された値です。死亡した理由別に見てみると、がんで亡くなった人は13%増、心臓や血管の病気で亡くなった人は50%増、その他の理由では50%増の死亡率となっていました。

 思い込み?さば読み?でもたったそれだけで死亡率や病気になる率が変わってくるのなら、今日から意識を変えてみるのもよいかもしれません。


参考文献

Rippon I et al. Feeling old vs being old: associations between self-perceived age and mortality.
JAMA Intern Med. 2015 Feb;175(2):307-9. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.6580.

がんや心臓病のリスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる