• 遺伝子検査
遺伝子

遺伝子検査MYCODEが三条市の健康づくりの施策に参加

2015年08月04日 09時00分

 新潟県三条市は遺伝子検査を利用した健康サポート事業を立ち上げ、弊社はその検査を請け負うことになりました。市民の皆さまの病気予防へのきっかけづくりに役立てていくことを三条市の皆様と一緒に考えて行きたいと思います。


255 cimg2452

説明会の様子

 遺伝子検査MYCODEは、新潟県三条市の遺伝子検査を利用した健康づくりの新規事業に参画することになりました。

MYCODEを生活改善のきっかけに

 新潟県三条市は、市民のだれもが生涯にわたり「明るく、楽しく、元気よく」健康で幸せに暮らし続けられる、まちづくりを目指しています。これまでに、健康のために歩くことを推奨し、自然と歩きたくなるまちづくりなどを行っています。

 今回、市民の健康をサポートする新たな施策として、遺伝子検査を利用した事業が立ち上がりました。遺伝子検査により病気の発症リスクや体質の遺伝的傾向を知り、病気を予防するための生活改善に役立てようというもので、この検査をMYCODEが請け負うことになりました。自治体の事業にMYCODEが参加するのは、神奈川県に続き2例目となります。

 三条市は、40歳以上の市民を対象(上限120名)に検査費用の一部(1万円)を助成することを決めました。

講演中の大井(写真左)と北村(写真右)

255 fig2

説明会では活発な質問も

 7月3日と4日に、遺伝子検査の受診を希望されている市民の方を対象に説明会を開催しました。弊社からは代表の大井、管理栄養士の北村、認定遺伝カウンセラーが出席し、遺伝子検査でわかること、弊社商品のラインナップから購入方法、これまでの検査受診者の生活の改善につながった具体例などを説明しました。

 参加者からは、「唾液の採取方法や採取する際の注意点」、「検査結果を閲覧する際のパソコン使用方法」、「親が発症している病気と自分の遺伝子検査結果をどのように解釈すればよいのか」、「アルツハイマー病のリスクを知りたいが、この検査項目はどの商品に含まれているか」、などの質問がありました。

 遺伝子検査ってなんだろう?と思われていた市民の皆さまにも、今回の説明会が遺伝子検査について理解を深める機会となったのであれば幸いです。

 今回の取り組みが市民の皆さまの病気予防へのきっかけづくりに役立てられることを願っています。遺伝子検査MYCODEは新しい健康分野に歩み出したばかりですが、このような取り組みを全国に広げ、一人一人の健康づくりの意識を高め、健康寿命を延ばすことに貢献したいと考えています。

関連記事
遺伝子だけじゃない!?唾液で今の健康状態がわかる時代がくるかも
歴史の嘘も暴ける遺伝子検査!ルイ16世の血で浸されたハンカチはどうだ?
☆マイマイ&トッピーと遺伝について学ぼう-第1回☆そっくりな双子と似てない双子、いったい何が違うの?


この記事を友達に教える
遺伝的な体質の傾向や病気のリスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる