• たばこ
  • 膀胱がん
食事・生活

わかっちゃいるけどやめられない。
喫煙者の意外な健康意識とは?

2015年01月08日 11時00分

喫煙者と非喫煙者、タバコの危険をより良く知っているのは意外にも・・・?

最初は何となく、気づくと手放せなく・・・

 たばこを吸う人のほとんどは、「かっこいいから」「吸ってみたいから」「友達も吸ってるから」など、最初取るに足らない理由からたばこを始めたのではないでしょうか。
 こうやって「なんとなく」始めてしまったたばこ。ところが段々ニコチン依存に陥り、気づけば手放せなくなっている、それがたばこなのです。

はい、体に悪いのはわかってるんです・・・

 JT(日本たばこ産業株式会社)の調査によると、平成26年度現在、成人男性の3人に1人、女性は10人に1人が、たばこを吸っているそうです。そんな彼ら、たばこによる健康被害は気になっていないのでしょうか?

 実は、たばこが体に悪いことを知ってても、どうやら人々はたばこを吸ってしまうらしい、ということが、今回アメリカの研究で明らかになりました。

お医者さんによる膀胱がんの調査で

 研究は、米国で2006年から2009年までに膀胱がんと診断され、がんを克服した人たち約800人を対象としておこなわれました。膀胱がんは泌尿器科の病気なので、主に泌尿器科から得た情報をもとに、たばこを吸っているかどうか、なぜ膀胱がんになったと思うか、などの調査結果をまとめました。

 その結果、膀胱がんと診断された人のうち、約7割は「たばこを吸ったことがある」と答えていました。しかも、たばこを吸っていた人の、3人に1人以上が、がんが判明したその時点でも吸っていました。これだけ見ても、たばこが膀胱がんのリスク因子であることがよくわかりますよね。

 さらに驚くべきことは、たばこを吸っていた人は、吸わない人に比べて、「たばこを吸うとがんになる可能性がある」と知っている人が、なんと6倍も多かったこともわかりました。

 たばこを吸っている人も、決してたばこが体に良いとは思っていないようですね。

 どうして吸い始めたのか?今なおどうして吸っているのか?たばこを吸う理由を一度考えてみてもいいかもしれません。


参考文献

Bassett JC et al. Knowledge of the harms of tobacco use among patients with bladder cancer.
Cancer. 2014 Dec 15;120(24):3914-22. doi: 10.1002/cncr.28915.

膀胱がんの発症リスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!