• ロコモティブシンドローム
  • 禁煙
  • たばこ
食事・生活

【5月31日は世界禁煙デー】喫煙でリスク増大!?
メタボと同じくらい怖い「ロコモ」って知っていますか?

2015年05月29日 09時00分

 ロコモティブシンドローム(ロコモ)を知っていますか?痛み、麻痺、骨折などで体が思うように動かなくなり、寝たきりや要介護につながってしまうかもしれないロコモ。チェコ共和国の研究グループは、喫煙は加齢とともに筋肉が減っていく筋肉減少症のリスクを高め、ロコモにに近づいてしまうことを報告しました。


Oldstroller

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:Herbert Smith)

 5月31日は世界禁煙デーです。この機会に、今一度タバコの害について考え、なぜタバコを吸っているのかについて改めて考えてみませんか?

「ロコモ」で寝たきりや要介護に!?

 ロコモティブシンドローム、略してロコモを知っていますか?ロコモは運動器症候群のことで、痛み、麻痺、骨折などで体が思うように動かなくなる状態のことを言います。最終的には寝たきりや要介護につながるため、メタボと同じくらい気をつけるべき、と考えられているのです。

喫煙との関係を調査

 運動器症候群の中の一つに、加齢とともに筋肉量が減っていく「サルコペニア(筋肉減少症)」という現象があります。2014年12月22日、チェコ共和国チャールズ大学の研究グループは、たばこと筋肉減少症の関連を調べた結果を報告しました。

Cigarette

喫煙でロコモのリスクが高まる

 過去に、たばこと筋肉減少症の関連性を調べた別々のデータを解析し、12件の研究、2万2000人を超える解析対象を総合的に分析しました。
 全ての研究をまとめた結果、男女ともに喫煙によってリスクが2割高くなることが明らかになったのです。
 喫煙は、がんや高血圧など多くの内臓の病気のリスクを高めることが分かっていましたが、運動機能にも影響を及ぼしてしまうことが示されたのです。


参考文献

Steffl M et al. Relation between cigarette smoking and sarcopenia - meta analysis.
Physiol Res. 2014 Dec 22.

この記事を友達に教える
心筋梗塞やがんのリスクが気になりませんか?
自宅でできる遺伝子検査って?
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!