• 心臓病
  • メタボリックシンドローム
食事・生活

ヨガでメタボは解消できる!?科学的に解明されたヨガの効果とは

2015年01月05日 11時00分

ダイエットや健康のためにヨガにチャレンジしてみませんか?(写真:Shutterstock.com)

ヨガはどんなイメージですか?

 皆さんはヨガにどんなイメージをもっていますか?おしゃれなイメージ?ゆったりとしたイメージ?

 実は、試したことがある人はわかると思いますが、ヨガは柔軟性、体幹力、精神力が要求される、見た目よりもハードなスポーツとのこと。とは言え、ヨガにはアシュタンガヨガのようなハードな種類のものから、マタニティーヨガのように呼吸が中心で運動強度が低い妊婦さん向けのものまで、様々な種類があるそうです。

ヨガの健康効果は本当?

 ヨガは、これまで心臓病予防やメタボリックシンドロームの改善に効果があると考えられていましたが、米ハーバード大学の研究グループは、果たしてこれは本当なのかを検証しました。

 研究グループは、2013年までにヨガと健康に関して報告された研究の中から、信頼出来る論文を1400報選び、その中から特に信頼度の高い32の研究を解析対象に決めました。そして、これらを「メタ解析」と呼ばれる方法で解析しました。メタ解析は、別な場所で行われた様々な研究の結果を1つにまとめて考えることが出来るようにする解析方法です。

BMIや血圧などの値に改善が見られた

 その結果、運動をしていない人とヨガをしている人の間で、次の値に差が見られました(※)。

<ヨガで著しく改善された値>
 BMI、最高血圧、悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロール

<ヨガで改善傾向がみられた値>
 体重、最低血圧、総コレステロール、トリグリセリド、心拍数

一方で、糖尿病に直接関係のある、空腹時血糖とHbA1cの値には差が見られませんでした。

 つまり、今回の研究で、ヨガはこれまで言われていた通り、心臓病やメタボに効果があるということが見事科学的に証明されたという訳です。

 ヨガが健康にいいと知ったあなた、この機会にヨガを始めてみてはいかがですか?最初にお話したように、ヨガにはいろいろな流派があり、運動強度もさまざまなので、いろいろ試してみて自分に合ったヨガを見つけていくのが良いかもしれませんね。


監修者

医師 石原藤樹先生
プロフィール:1963年東京都渋谷区生まれ。信州大学医学部医学科、大学院卒業。医学博士。研究領域はインスリン分泌、カルシウム代謝。臨床は糖尿病、内分泌、循環器を主に研修。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科を研修の後、1998年より六号通り診療所所長として、地域医療全般に従事。

参考文献

Chu P, The effectiveness of yoga in modifying risk factors for cardiovascular disease and metabolic syndrome: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials., Eur J Prev Cardiol.


病気のリスクや体質の遺伝的な傾向が気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!