• 心臓病
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • たばこ
食事・生活

5月病?それとも「疲労」!?
疲労が及ぼす健康への大きなリスクとは

2015年05月11日 10時00分

 もしかして5月病!?そんなあなた、「疲れ」がたまっていませんか?デンマークの研究グループは、疲労が心筋梗塞などの心臓病のリスクを大きく高めてしまうことを報告しました。


Cat

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:Dimitri Torterat/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 フランス)

やる気がでない・・・5月病かなあ?

 4月、新年度になって「頑張るぞーっ」てやる気いっぱいだったのに・・・連休明けたらなぜか気力がわかない。これってもしかして5月病!?
 その5月病の原因はもしかして「疲れ」かも。4月の新しい環境で毎日の緊張とストレス、さらには3月から4月は冬から春へと気候が大きく変わり、その気温差についていくために体はヘトヘト。しかも連休で生活リズムが大きく崩れてしまったり。今こそゆっくり体を休ませてあげるべきかもしれません。

疲労でリスクが高まる病気は

 「疲れ」なんて病気でもないし、大したことないよ!?
いいえ、「疲労」について、2015年2月13日、デンマークの研究グループは、心筋梗塞などの心臓病のリスクを大きく高めてしまうことを発表したのです。
 研究グループは、心臓病ではない被験者8800人に、社会的、身体的な状況と合わせて、疲労に関する17個の質問をしました。そして、さまざまな要因と心臓や血管の病気との関連を調べたのです。疲労の度合いは質問の回答結果から判定しました。

男性と女性で共通のリスク

 調査の結果、男性では最もリスクが高い要因となったのは、疲労と血圧でした。疲労の度合いが高いと発生リスクはなんと約2.4倍、血圧は上の血圧が160mmHg以上だと120mmHg未満の場合の約2倍でした。
 一方で、女性では疲労とたばこでした。疲労度が高いと発生リスクは約2倍、1日に1箱くらいたばこを吸う人は一度も吸ったことのない人の1.7倍でした。
 男女共通して、疲労が心臓病への大きなリスクであるということが明らかになったのです。

 疲労が病気につながってしまうなんて、恐ろしいですね。疲れをためないように、家に帰ったらゆっくり休みたいものです。おすすめの疲労回復法は、ゆっくりぬるめのお風呂に浸かることです!体がリラックスモードになると夜も良く眠れるそうですよ。
 体は十分休ませたのに、いつまでもやる気がでず心が晴れない、なんてあなたは、我慢しないでお医者さんに相談してくださいね。


参考文献

Schnohr P et al. Ranking of psychosocial and traditional risk factors by importance for coronary heart disease: the Copenhagen City Heart Study.
Eur Heart J. 2015 Feb 13. pii: ehv027. [Epub ahead of print]

心筋梗塞や高血圧のリスクが気になりませんか。
自宅でできる遺伝子検査の内容を確認する
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!