• 糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 肥満
  • ロコモティブシンドローム
食事・生活

生活習慣病に影響を与えていたのは睡眠時間よりもライフスタイルだった!?

2015年06月29日 10時00分

 睡眠の時間や質は、私たちの体調に影響を与えます。韓国の研究グループは、朝型/夜型というライフスタイルと糖尿病やメタボリックシンドロームとの関連を調べました。


233 evening chronotype

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:xlibber/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般)

 睡眠は、私たちの体調を整えるために非常に大切なものです。韓国の研究グループが行った調査で、睡眠時間が同じでも朝型と夜型の人で糖尿病やメタボリックシンドロームの危険性が異なることが示されました。

睡眠の習慣と病気との関連を調査

 研究グループは、47〜59歳の約1,600人を対象に、睡眠の習慣と糖尿病、メタボリックシンドローム、サルコペニア、内臓脂肪との間に関連があるかどうかを調べました。

 アンケート調査により、全体うち29.6%の人が朝型、5.9%が夜型、残りの64.5%の人が朝型でも夜型でもないと判断されました。

夜型になると糖尿病やメタボリックシンドロームの危険性が高まる

 病気との関連を調べた結果、夜型の人は朝型に比べ糖尿病やメタボリックシンドロームの危険性が高いことがわかりました。また、夜型の人は、加齢に伴い筋肉量が減少していくサルコペニアの危険性が3.16倍と高いことがわかりました。

 ライフスタイルと病気との関連は男女で明らかな違いがありました。男性の場合、夜型の人の糖尿病の危険性が約3倍、サルコペニアの危険性が約3.9倍でした。一方、女性では、朝型に比べて夜型の人のメタボリックシンドロームの危険性が2.2倍高いことがわかりました。

 以上のように、夜型の人は朝型の人と睡眠時間が同じでも糖尿病、メタボリックシンドローム、サルコペニアの危険性が高いことが示されました。

 研究グループは、夜型になると睡眠の質が落ち、不適切な時間の食事、喫煙、座りがちになるなど不健康なライフスタイルにつながっているのではないかと指摘しています。

 夜型の人は、健康のために少しずつ朝型の生活に変えてみてはいかがでしょうか。

参考文献
Evening chronotype is associated with metabolic disorders and body composition in middle-aged adults.

関連記事
女子の夜遊びはホドホドに!夜は電気消して早く寝ましょう
夜勤が多い人は「あの病気」のリスクが上がる!?たばこや脂っこい食事は控え目に!
喫煙でリスク増大!? メタボと同じくらい怖い「ロコモ」って知っていますか?


この記事を友達に教える
生活習慣病のリスクが気になりませんか?
唾液でできる遺伝子検査MYCODEとは
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!