• 心臓病
  • 脂質異常症
  • 食事
  • 心筋梗塞
食事・生活

森のバターとも呼ばれるアボカドが、
悪玉コレステロールを減らす!?

2015年05月19日 09時00分

 アボカドは栄養豊富。含まれる脂肪分は、不飽和脂肪酸とよばれ、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。そんなアボカドを食事に取り入れることで、どの程度悪玉コレステロールや中性脂肪をさげることができるのか、検証がおこなわれました。


Avocado

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:cyclonebill/クリエイティブ・コモンズ表示-継承 2.0 一般)

アボカドに含まれる不飽和脂肪酸

 アボカド、好きですか?「森のバター」とも呼ばれるアボカド。サラダにしたりサンドイッチにしたり、パスタのレシピなんかもおいしそうですね! 
 アボカドは栄養豊富で脂肪分も多いのですが、アボカドの脂肪分は「不飽和脂肪酸」です。不飽和脂肪酸には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、アボカドを食べていれば血液をサラサラにして心臓や血管の病気を予防する効果が期待されます。
 しかし本当にアボカドを食べていれば悪玉コレステロールが減るのかということはまだ証明されていませんでした。

低脂肪の食事の人よりも悪玉が減

アメリカのペンシルバニア大学を始めとする研究グループは、2015年の1月、アボカドを食事に取り入れることによる中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果について報告しました。
 病気ではないものの肥満気味の45人を対象に、低脂肪の食事、平均的な脂肪量の食事、そしてアボカドを加えつつ平均の脂肪量と同程度に調節した食事、に分けました。アボカド以外の食品はグループごとにあまり大きく変わらないように厳密に調整されました。
 途中に2週間の休憩を挟みつつ、5週間の食生活を3セット続けた結果、アボカドを食べていたグループは悪玉コレステロールの量が13.5 mg/dl、中性脂肪が14.6 mg/dlも減っていました。この結果はなんと低脂肪の食事をとっていた人の2倍も減っていたのです。

 アボカドの効果はすごいですね!悪玉コレステロールや中性脂肪を下げることで、将来の心臓病予防に効果が期待されます。
1日1個ならビタミンEなどの栄養のとりすぎも問題ないそうです。今日からの食事にアボカド、取り入れてみてもよいかもしれないですね。


参考文献

Wang L et al. Effect of a moderate fat diet with and without avocados on lipoprotein particle number, size and subclasses in overweight and obese adults: a randomized, controlled trial.
J Am Heart Assoc. 2015 Jan 7;4(1):e001355. doi: 10.1161/JAHA.114.001355.

心臓や血管の病気のリスクが気になりませんか。
自宅でできる遺伝子検査の内容を確認する
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!