• 肥満
  • ダイエット
  • 飲み物
食事・生活

ダイエット中の空腹には、飲み物にひと工夫で満腹に!?

公開日:2015年4月8日
更新日:2022年1月21日

ダイエット中の飲み物に、泡立てたミルクをのせたカプチーノはいかがでしょうか?(写真:Shutterstock.com)

満腹感が続く秘密は「泡」?

 ダイエット中なのに小腹が空いて何か食べたくなってしまう経験、ありませんか?そんな時、泡立てたミルクはいかがでしょうか?過去の研究で、泡立てた食べ物や飲み物は、飲食後に満腹感が続き、肥満予防に効果的だと考えられていました。しかし、その理由が一体なぜなのかはあまりよくわかっていませんでした。

泡立てたミルクを飲んだ胃はどうなるのか?

 英国の研究グループは、なぜ泡立てた飲食物で満腹感が持続しやすいのかを検証するため、実験を行いました。健康な18人の男性に協力してもらい、スキムミルクをよく泡立てる、少し泡立てる、泡立てないの3パターンで準備して飲んでもらいました。

 それぞれのスキムミルクを飲んで4時間後、食欲がどの程度あるかについて質問を行いました。そして、MRI検査を行って胃の中の状態を調べました。

泡は胃の中に残り続ける

 結果として、これまでの研究と同様、よく泡立てたスキムミルクを飲んだ場合は、泡立てていないスキムミルクと比較すると一番満腹感が持続していたそうです。MRIで胃の内部を見てみたところ、泡立てたミルクを飲んだ胃ははっきりと膨らみが大きくなっており、泡立てていないミルクを飲んだときよりも胃がもとの大きさになるまでに時間がかかっていました(※)。つまり、泡で胃の体積が増えることによって満腹感が得られていたのです。空気ならカロリーもないため、ダイエットに効果的だと考えられるのです。

 泡はお腹の中ですぐに消えてしまいそうにも思われましたが、泡によって満腹感が続くというのは意外な結果でした。
 
 ダイエット中に小腹が空いたとき、「泡立てる」方法はいいかもしれないですね。いつものコーヒー、紅茶に泡立てたミルクをのせてみてはいかがでしょうか。お砂糖は少なめにしてくださいね!


監修者

医師 石原藤樹先生
プロフィール:1963年東京都渋谷区生まれ。信州大学医学部医学科、大学院卒業。医学博士。研究領域はインスリン分泌、カルシウム代謝。臨床は糖尿病、内分泌、循環器を主に研修。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科を研修の後、1998年より六号通り診療所所長として、地域医療全般に従事。

参考文献

Murray K, Aerated drinks increase gastric volume and reduce appetite as assessed by MRI: a randomized, balanced, crossover trial., Am J Clin Nutr.


病気のリスクや体質の遺伝的な傾向が気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!