• 食事
  • 肥満
食事・生活

夜につい食べすぎてしまうのはなぜ?
脳の活動観察からその原因が明らかに!?

2015年07月06日 17時00分

 夕食の食べすぎに気をつけようと思っていても、つい食べ過ぎてしまう。この行動に脳が関わっているのではないかという研究結果が報告されました。


238 bite food

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:Paul Lowry/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般)

 一日の中で朝食のときに一番たくさん食べたほうがよいとわかっていても、夕食のときにたくさん食べてしまう。現代の生活スタイルの問題かと思っていましたが、どうもそれだけではなさそうです。夜にたくさん食べてしまうのには、脳の働きが関係しているという論文が報告されました。

食事の写真を見たときの脳の反応を観察

 アメリカの研究グループは、健康な15人の女性を対象として、朝と夜に1回ずつ、低カロリーと高カロリーな食事の写真を見てもらい、そのときの脳の反応を解析しました。

 具体的には、高カロリーの食べ物としてキャンディー、アイスクリーム、ファストフードの写真を、低カロリーの食べ物として野菜、果物、魚の写真を見てもらい、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)により脳の反応を解析しました。

朝と夜で食事に対する脳の反応が異なっていた

 その結果、脳の反応は、低カロリーの食事の写真を見たときよりも高カロリーの食事の写真を見たときのほうが強いことがわかりました。

 一方で、欲求が満たされたときに活性化される(報酬に関わる)脳の部位の反応が、夜に食事の写真を見たときに低くなっていることがわかりました。

 参加者の食欲について質問したところ、空腹具合は朝と夜で変わらなかったが、食べたい欲求は夜のほうが強かったと答えました。

 以上の結果から、同じ量を食べても夜では食欲を満たすことができずに、ついつい食べてしまう可能性が高くなると考えられました。特に夕食時には、よく噛んで食べるなどして満腹感を感じられるように意識したいですね。

参考文献
Neural reactivity to visual food stimuli is reduced in some areas of the brain during evening hours compared to morning hours: an fMRI study in women.

関連記事
あなたは大丈夫?暴飲暴食が引き起こす病気への片道切符
食べ方次第で肥満体質に!?あなたのその食べ方、大丈夫?
あなたは朝食を食べる派?食べない派?ダイエットに効果があるのは果たして


生活習慣病のリスクが気になりませんか?
唾液でできる遺伝子検査MYCODEとは
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!