• 脂肪
  • 肥満
  • 心臓病
  • 心筋梗塞
食事・生活

内臓脂肪だけじゃない!?ここに脂肪がついているかどうかがメタボリスクの目印に

2015年05月13日 09時00分

 別につけようと思ってついたわけじゃない脂肪。せめて病気になりやすい脂肪のつき方について知っておきたいですね。


176 neck cvd

写真はイメージです。記事と直接の関係はありません。(写真:Juanedc/クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般)

脂肪はつけたくてついてるんじゃないけど

 体脂肪が増えてくると、健康面で気になるのはメタボや心筋梗塞ですよね。 
 実は、これらの病気のリスクと首まわりの脂肪には関係があるそうです。一体どういうことなのでしょうか?

首の太さを指標にする?

 皮下脂肪や内臓脂肪が増えると様々な病気のリスクが高くなることは、これまで多くの研究で示されてきました。それと同じように、首の太さと心臓やメタボリックシンドロームのリスクにも関連があると考えられています。しかし、まだその詳細は明らかではありませんでした。

 アメリカの研究グループは、首の周りの脂肪組織を調べ、首のどこに脂肪がついていると病気のリスクが高くなるのかを調べました。研究には、過去に病気で受診し、画像診断検査を受けていた人に協力してもらいました(男性152人、女性151人、平均年齢55歳)。研究グループは首の後ろ部分全体、首まわりの皮下脂肪、首の骨の周りの脂肪の区画に分けて脂肪の量を測定し、心臓病やメタボのリスクとの関連を調べました。

首の後ろについていると、心臓病リスク大

 結果として、首の後ろの脂肪と皮下脂肪量が多いと、中性脂肪や内臓脂肪量と同じように心臓や血管の病気のリスクが高まり、年齢やBMIを考慮に入れて計算しても1.5倍高くなることが分かったのです。特に女性はこのリスクと大きく関連していたそうです。そして、男女どちらも首の後ろや首の骨の周りに脂肪が多いほど肥満傾向が強くなっていたようです。

 もしかして太りすぎかも?と思った人は、首周りにお肉がついてきたかどうかについて少し気にしてみたほうがよいかもしれません。


参考文献

Torriani M et al. Compartmental neck fat accumulation and its relation to cardiovascular risk and metabolic syndrome.
Am J Clin Nutr. 2014 Nov;100(5):1244-51. doi: 10.3945/ajcn.114.088450. Epub 2014 Sep 3.

心筋梗塞や心不全のリスクが気になりませんか。
自宅でできる遺伝子検査の内容を確認する
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!