検査方法について

MYCODEの検査は可能な限りの自動化を行い、人的なミスを最小限に抑えるように尽力しています。それに加えてLIMS(ラボラトリー情報管理システム)を導入し、解析センター内の作業効率や検査結果の品質を最大限に高められるような方法を導入しています。
1試料到着
お客様が発送した試料(唾液)が弊社の解析センターに到着します。
2試料と
同意書の確認
到着後すぐにその同梱物を確認します。またバーコード管理により、試料を追跡できる仕組みを構築しています。
3DNA抽出の
準備
検査キットのキャップを外しラックと呼ばれる容器に試料を移動し、DNA抽出の準備をします。
4自動抽出機で
DNA抽出
DNAを抽出する機器にラックをセットし、抽出作業を行います。
5解析準備
抽出したDNAは、酵素や試薬で処理し、ビーズチップと呼ばれるガラス基板の上で反応します。
6解析開始
解析機器(スキャナー)で、ビーズチップでの反応結果を読み取ります。
7遺伝子型の特定と
レポート反映
読み取ったデータを専用のソフトウェアで解析し、遺伝子型を特定します。その結果をMYCODEのレポートに反映します。
8試料の破棄
試料は解析が済み次第破棄します。
9試料と同意書
保管
【研究に同意いただいた方の場合】
検査が終わると、抽出したDNAのうち、研究への利用に同意いただいたものを冷凍庫に保存します。また、お送りいただいた同意書は大切に保管されます。