メニュー

あなたの病歴・家族の病歴

病気の仕組みの解明から予防や治療まで目指せるゲノム研究!
アンケートに答えてMYCODE が行うゲノム研究に参加しよう

開く閉じる
Medical history

 人間の遺伝情報を担うヒトゲノムには、個人間で約1,000万カ所ものDNA配列の違い「一塩基多型(SNP)」が存在すると分かっています。SNPの中には病気や体質に関連するものもあり、世界中でその研究が進んでいます。病気と遺伝子の関連については、まだ解明されていないことがたくさんあります。あなたもアンケートに答えて、MYCODEが行うゲノム研究に参加してみませんか?

人間のSNPは約1,000万カ所!

 2003年にヒトゲノム計画が完了し、人間の遺伝情報を担っている全ゲノムDNA配列が解読されました。すると、ヒトゲノムには全体にわたって、約1,000万カ所も「一塩基多型(SNP)」という部分が存在すると分かりました。「SNP」は、人によってポツポツとDNAの文字列が異なっている部分のことをいいます。さらに、SNPは体質や見た目、病気のなりやすさまで、いろいろな個人差に関わるものであると分かってきました。このようにSNPの理解が進んできた背景には、SNPを解析する技術が進歩し、「ゲノムワイド関連解析(GWAS)」という研究手法が開発されたことが関与しています。

「GWAS」ってなに?

 「GWAS(ゲノムワイド関連解析)」は、ゲノム全体に広がるSNPについて、体質や病気との関わりを一度に解析する手法です。例えば、ある病気にかかっている人とかかっていない人の大勢のグループ間で、たくさんのSNPを一度に比較して、その病気の人に多いSNPのタイプ(遺伝子型)を見つけるという方法です。MYCODEでご提供している検査項目も、GWASで関連が見つかったSNPを基にしています。
 実はこのGWAS、2002年に世界で初めて、日本の研究グループから報告がなされた手法なのです。

ゲノム研究から予防や治療に向けて

 GWASは世界中で行われており、がん、高血圧、糖尿病など、さまざまな病気に関連する遺伝子から、体質や性格に関連する遺伝子まで、さまざまな関連遺伝子が見つかってきています。
 さらに、最近の研究では、GWASで、関節リウマチ、前立腺がん、アトピー性皮膚炎などの病気に関わるSNPも新たに複数見つかっており、予防や治療に向けての研究が進められています。

アンケートに答えてMYCODEが行うゲノム研究に参加しよう!

 MYCODE Research(マイコード・リサーチ)では、あなたやあなたの家族の病歴について、簡単なアンケートを行っています。アンケートにお答えいただくことで、多くのMYCODE会員データを基に、高血圧、歯周病、糖尿病などのGWASを行います。この研究により、病気に関連するまだ分かっていないSNPを新たに発見できる可能性があります。あなたもアンケートに答えて、病気と遺伝子の研究に参加してみませんか?
(この記事の後のアンケートからご参加いただけます)

あなたの病歴・家族の病歴の研究アンケート

開く閉じる