• ビタミンD
  • 大腸がん
病気・医療

お魚食べて長生きしよう!
魚のビタミンDが大腸がんからの生存率を上げる?

2014年12月16日 16時00分

Fish vitamin d

  ビタミンDは魚に多く含まれています

ビタミンDって?何に含まれているの?

 ビタミンDは、骨を作るのに必要なビタミンで、魚に多く含まれています。特にしらす干しや鮭、そして今の季節、お鍋にするととてもおいしい「あんこうの肝」などに多く含まれ、これらを食べるとたくさん摂取する事ができます。

 このビタミンDに注目し、英国エジンバラ大学のグループが、大腸がんの生存期間ににビタミンDが大きく関係している事を発見し、がんの国際誌、ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー誌で報告しました。

大腸がんの生存率にビタミンDが関係している?

 調査は初期のステージ1から、少し状態の進んだステージ3まで、大腸がんの人約1600人を対象としておこなわれました。血液中にビタミンDが多く含まれていた人と少なく含まれていた人にグループ分けをし、がんのその後の推移を比べました。その結果、血液中にビタミンDが多かったグループは、少なかったグループに比べ、亡くなる人が30%ほど少ない事がわかりました。

 特に大腸がんのステージ2の段階の人でハッキリと効果が確認されました。ビタミンDが血液中に多かったグループでは、大腸がんによって亡くなった人が、ビタミンDが少なかったヒトに比べて、なんと半数以下だったのです。

 今回の研究で、血中ビタミンDの量と大腸がんの生存率に相関がある事が確認されました。ただし、そのメカニズムについては、まだわかっていないことも多いのが現状です。今後は、ビタミンDを飲んだ場合の大腸がんへの効果など、さらなる研究とその成果が期待されます。


参考文献

Zgaga L et al. Plasma Vitamin D Concentration Influences Survival Outcome After a Diagnosis of Colorectal Cancer.
J Clin Oncol. 2014;32:2430-2439.

大腸がんの発症リスクが気になりませんか?
遺伝子検査MYCODEで調べる
あなたの遺伝子検査結果をみてみよう!!