• セミナー
  • 遺伝子検査
  • 遺伝子
遺伝子

【MYCODE会員様限定セミナー】
検査結果の見方、疾患発症リスクとは?

2015年05月15日 09時00分

 4月22日に渋谷ヒカリエにおいて開催したMYCODE会員様限定セミナーの内容をご紹介する第3弾。弊社認定遺伝カウンセラーが発表した内容をお届けします。


Seminar

セミナーの様子。

 4月22日に渋谷ヒカリエにおいて開催したMYCODE会員様限定セミナーの内容をご紹介する第3弾。
 弊社認定遺伝カウンセラーからは、遺伝子検査の全般的なお話からMYCODEの検査結果や疾患の発症リスクの見方をご紹介しました。いかがでしたか?
 それでは、セミナーの内容を簡単にご紹介したいと思います。

そもそも遺伝子関連の検査にはどのようなものがあるのでしょうか?

 遺伝子関連の検査は、下記のようにわけることができます。

*一度調べた遺伝子の情報が不変のもの
・ヒト生殖細胞系列遺伝子検査
MYCODEの検査は、このカテゴリーに含まれます。全身の細胞が共通してもっている、生涯変ることのない遺伝情報を調べています。

*検査のたびに結果が変る可能性があるもの
医療機関で行われている検査です。
・病原体遺伝子検査
細菌やウイルスなど外来微生物の核酸を検出・分析する検査。
・ヒト体細胞遺伝子検査
がん細胞などに生じた後天的な遺伝子の変異を調べる検査。

MYCODEの遺伝子検査とは

 MYCODEでは、遺伝要因と生活習慣などの環境要因により疾患の発症する「危険因子」を調べています。「多因子疾患」が対象となり、例えば2型糖尿病や本態性高血圧症があります。私たちは、それぞれの人が疾患を発症するリスクや体質の傾向をあらかじめ知ることで、健康への意識や生活改善などにつなげていきたいと考えています。

 一方で、遺伝的な変化が疾患の発症に直接関与する「決定因子」については調べていません。ひとつの遺伝子の変化で発症する「単一遺伝子疾患」、「家族性腫瘍(遺伝性乳癌・卵巣癌など)」については、医療機関で行われています。

検査結果を見るときに注意していただきたいこと

・あなたと同じ遺伝子型を持つ集団の統計的な傾向を示すもので、あなた個人のリスクを示すものではありません。
・健康状態や疾患の診断、法医学鑑定(親子・血縁鑑定等)、単一遺伝子疾患、家族性腫瘍については対象外となります。
・新たな研究成果により、結果の評価が変わる場合があります。

ここからはQ&A形式で内容をお届けしたいと思います。

疾患の発症リスクが高かった場合はどうすればいいのでしょうか?

・必ず発症するわけではありません。
・どのような病気なのか、病気の危険因子・予防因子を理解してください。
・ライフスタイルを振り返り、最適な生活スタイルに変えていきましょう(*セルフメディケーションの実践)。
*セルフメディケーション:世界保健機関(WHO)は「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。

遺伝子検査の結果は、検査のたびに変るものなのでしょうか?受けた年齢によって変りますか?

 弊社が提供している遺伝子検査は、生涯変ることがないDNAの配列を調べているので、一度受けていただいたSNPの遺伝子型の結果が変わることはありません。ただし、結果の解釈が変わる可能性があり、リスクモデルをバージョンアップすると疾患の発症リスク(オッズ)が変わります。
 結果の更新頻度は、新しい論文が報告されるかどうかで変わってきます。そういう意味では、論文依存となってしまいます。結果の解釈に用いた引用した論文、対象とした集団、SNPの情報などは、検査レポートで確認できるようになっていますので、ご覧になってください。
 未成年者の方は、MYCODEの検査を受けることができません。

自分の遺伝子の情報はどのくらい子供に遺伝するのでしょうか?

 ご自身の遺伝子の情報がどのくらい子供に受け継がれるのか気になっている方は多いのではないでしょうか?
 遺伝情報(DNA)は折りたたまれて染色体を構成しています。細胞の中には23対の染色体があり、私たちは父親と母親から均等に遺伝情報を受けついでいます。お子さんが、あなたの遺伝情報を受けつぐ割合は50%、お孫さんで25%となります。逆に、祖父母から受けついでいる割合は25%となります。

180 chromosome

染色体や2本鎖DNAのイメージ(File:Chromosome-es.svg: KES47 (talk)/クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植)

母親からのみ受け継がれるミトコンドリアDNAとは?

 細胞の中には、エネルギーをつくるミトコンドリアと呼ばれる細胞内小器官があり、この中にもDNAが含まれています。このミトコンドリアDNAは、100%母親から受け継がれます。ディスカバリーではミトコンドリアDNAの配列を調べているので、母系の祖先のルーツを知ることができます。

MYCODEより

 皆様からご要望の多かった検査結果の見方については、次回の記事でお届けしますので、そちらをご覧ください。遺伝子の研究分野では、まだわかっていないことが多く、日々新しい知見が報告されています。私たちは、最新論文の情報を定期的に検査レポートに反映できるようにしていく予定です。末永くお付き合いいただけるようなサービスにしていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

 MYCODEでは、がん・生活習慣病などのリスクや、肌質・肥満といった体質に関する遺伝子を解析のほか、体質(体型・肌質 等)の遺伝的傾向や祖先のルーツから知り得なかった自分を発見できるエントリーパッケージ「ディスカバリー」を提供しています。
 疾患の発症リスクを知りたい方は下の緑ボタンからどうぞ!


がんや生活習慣病のリスクが気になりませんか?
自宅で生活習慣病のリスクを調べるには