• 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • エピジェネティクス
  • 関連遺伝子研究
  • 脂質異常症
食事・生活

「高脂肪食」と「脂質異常症」の負のスパイラル…
果たして抜ける方法はあるのか!?

2015年03月13日 09時00分

 脂っこい食事が原因で起きる「脂質異常症」。放っておくと命に関わる病気です。この病気になりやすい体質には、遺伝が関係していると分かっていましたが、今回の研究で、遺伝以外の原因で脂質異常症になりやすい体質となる場合があると判明しました。果たしてこの人たちは、健康体質への切り替えが可能なのでしょうか?


Dinner

画像はイメージです。記事と直接の関係はありません。

「高脂血症」改め「脂質異常症」

 「脂質異常症」ってどんな病気だか、ご存知ですか?これは血液中に、コレステロールや中性脂肪などのアブラが多すぎる病気です。放っておくと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを起こし、命に関わるこわーい病気です。一番の原因は、脂肪の多い食事の食べ過ぎだと言うので、他人事とは思えません。この病気、長年「高脂血症」と呼ばれていたのですが、善玉コレステロールの値が「低い」場合にも「高脂血症」というのは適当でないとされ、2007年、日本動脈硬化学会が、予防ガイドラインで「脂質異常症」と改めました。以後この名前が使われています。

「遺伝的な体質」と「遺伝的でない体質」

 アブラの多い物の食べすぎが一番良くない、とは言え、これまでの研究で、遺伝的に「脂質異常症になりやすい体質」があるというのはにいろいろ知られています。「遺伝的になりやすい体質」があるというのは、つまり、DNAを構成しているA、T、C、Gの4つの並び順(塩基配列)が、病気になりやすい人で決まっているということです。
 ところが、米国アラバマ大学の研究グループにより、脂肪の分解に関わる遺伝子のDNA配列が正常でも、化学的に小さな変化が起きるだけで脂質異常症に「なりやすい体質」となってしまうことが明らかとなりました。

ここで「エピジェネティクス」についてお勉強

 実は最近、体の設計図である遺伝子のDNA配列は変わっていないのに、例えばDNAが「メチル化」という小さな化学変化を受けたりすると、その遺伝子が使われなくなったりするような現象がいろいろ見つかっていて、そういう変化は「エピジェネティック」な変化と名づけられました。ちなみに、DNAがメチル化される場合、場所はCとGが並んでいる「CpG」と呼ばれる配列のCの方と決まっています。世の中の不思議な法則の1つですね。

1000人のDNAを全部調べてみた

 今回研究グループは、1000人の血液のリンパ球からDNAを取り出し、「マイクロアレイ」という方法で、1人当たり45万カ所以上のCpGのメチル化の状況を一気に調べました。それから、個々のCpGのメチル化の違いと、空腹時の血中小型LDLコレステロール(超悪玉コレステロール)、トリグリセリド(中性脂肪)の量の関係を調べました。こうしてついに、脂質異常症に影響するエピジェネティックな要因を探し当てたのです。

脂肪分解酵素の遺伝子で見つけた!

 見つかったのは、脂肪の分解に関わる酵素の遺伝子「CPT1A」に存在するCpGのメチル化でした。しかも4カ所、見つかりました。おもしろいことに、4カ所全て、直接タンパク質の設計図となっている部分ではない領域(イントロン)に存在していたのですが、そのうちの1カ所は、メチル化されていると明らかにCPT1A遺伝子のはたらきをストップしており、脂肪が正しく分解されない可能性があるという事が判明しました。

大丈夫、戻れます!

 ただし、「遺伝的な体質」は、どんなに生活習慣を整えても変えることが出来ませんが、「エピジェネティックな体質」は健康的な食生活により、また元に戻れる可能性があります!将来、「エピジェネティックな病気の体質」が簡単に教えてもらえるようになれば、ますます病気を発症前に食い止めることができるようになり、より一層、健康な社会になっていくに違いありません。

 ところで今回、説明の中に「マイクロアレイ」という言葉が出てきましたが、MYCODEも「マイクロアレイ」という技術を使って、お客様の病気のリスクや体質に関係するDNA配列の違いを75万カ所も一気にお調べしているのですよ!あなたの遺伝的な「脂質異常症」リスク、MYCODEで調べてみませんか?


参考文献

Irvin MR et al. Epigenome-wide association study of fasting blood lipids in the Genetics of Lipid-lowering Drugs and Diet Network study.
Circulation. 2014 Aug 12;130(7):565-72. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.114.009158. Epub 2014 Jun 11.