糖尿病

病気に関する情報、ダイエット、生活習慣や健康に関する情報、そして遺伝子に関する情報など、幅広い医療・健康情報の中から、糖尿病に関する情報をお届けします。

血糖値が高いと言われたら。気をつけたい糖尿病のメカニズムと症状の画像病気・医療

血糖値が高いと言われたら。気をつけたい糖尿病のメカニズムと症状

血糖値が高いと言われたら気をつけたい、糖尿病のメカニズムと症状
 私たちが必要とするエネルギーは食物中の炭水化物に含まれるブドウ糖(グルコース)から得られます。血液中に含まれるブドウ糖の量を血糖値といい、空腹時は80~110mg/dL程度に保たれています。食後、血糖値は上昇しますが、インスリンというホルモンの働きで肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられて血糖値は減少します。インスリンはすい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞でつくられて血液中を循環しています。このインスリンをつくる細胞が壊れたり、分泌量が減少することにより血糖値を調節できなくなる疾患が糖尿病です...

【管理栄養士コラム】血糖値スパイクにご注意を。食後高血糖の対策をしよう!の画像病気・医療

【管理栄養士コラム】血糖値スパイクにご注意を。食後高血糖の対策をしよう!

 ご自身の“食後の血糖値”を意識したことがありますか?
 血糖の管理目標として、食後2時間の血糖値が140mg/dlを超えていないこと、さらに、動脈硬化予防には、食後160mg/dlを超えないことが推奨されています(※1)(図1)。食後の高血糖が繰り返されることで糖尿病はじめ、動脈硬化、心血管系疾患のリスクを高めることが分かってきました。
図1.食後血糖値の変動イメージ
あなたの遺伝的な食後高血糖や糖尿病のなりやすさは?
 食後高血糖は糖尿病初期にみられますが、食後高血糖や糖尿病の発症には生活習慣だけでなく遺伝的な要因も影響を与えていることが知られています...

【医師によるコラム】食後高血糖にはどのような意味があり、どのくらい危険なのか?の画像病気・医療

【医師によるコラム】食後高血糖にはどのような意味があり、どのくらい危険なのか?

特別企画、北品川藤クリニックの石原藤樹先生によるスペシャルコラムをお届けします!今回は「食後高血糖」についてのお話です。
糖尿病の診断では食前血糖が重視される
 健康診断や人間ドックで血糖値を測りますね。通常はこの時は食事を抜いて、空腹時の血糖を測ることが多いと思います。

 糖尿病の検査のためには、この空腹時血糖とHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)という検査を同時に行うことが一般的です...

【医師によるコラム】抗生物質で糖尿病が増える?の画像病気・医療

【医師によるコラム】抗生物質で糖尿病が増える?

 特別企画、北品川藤クリニックの石原藤樹先生によるスペシャルコラムをお届けします!今回は「糖尿病と抗生物質の関連」について書いていただきました。
 これまでの石原先生の記事を読んでいない人はこちらからどうぞ!
 ・今年のインフルエンザワクチンはこう変わる
 ・銀杏中毒にご注意を!
 ・卵は健康の敵か、それとも…
肥満や糖尿病に影響を与える腸内細菌
 こんにちは。北品川藤クリニックの石原です...

【管理栄養士コラム】11月14日は世界糖尿病デー 2型糖尿病の発症につながる原因は遺伝?の画像病気・医療

【管理栄養士コラム】11月14日は世界糖尿病デー 2型糖尿病の発症につながる原因は遺伝?

 11月になると「さまざまな建築物が青く染まっているな」と感じることがありませんか?それは「世界糖尿病デー」に合わせたイベントかもしれません。

 11月14日は「世界糖尿病デー」です。世界で増え続ける糖尿病を抑制しようと、国連や空を表す「青」と世界の団結を表す「輪」をシンボルとして、世界的なキャンペーンが行われています。日本でもキャンペーンの一環として、東京都庁や鎌倉の大仏、大阪の通天閣などが、今年も青く染まる予定です...

え!?たばこを吸うと糖尿病になりやすいって本当?の画像病気・医療

え!?たばこを吸うと糖尿病になりやすいって本当?

 生活習慣病の1つとして有名な糖尿病。食生活や運動不足だけが発症の要因だと思っていませんか?実は喫煙により更に糖尿病になりやすくなることが研究によって明らかになりました。
糖尿病になぜなるの?かかるとどうなるの?
 糖尿病の大半を占める2型糖尿病の発症原因は遺伝因子、そして肥満・高脂肪食・運動不足・ストレスなどの環境因子であると考えられています。糖尿病は自覚症状がなくても気付かないうちに進行しています。糖尿病は血糖値が高い状態が続き血管が傷付くことで、網膜症や腎症、末梢神経障害といった様々な合併症を引き起こす病気です...

糖尿病予防のためには不足しないように!?目に良いだけじゃないあの栄養素とはの画像病気・医療

糖尿病予防のためには不足しないように!?目に良いだけじゃないあの栄養素とは

皮膚や目の機能を守るビタミンAにさらなる効果が 
 ビタミンAは脂溶性のビタミンに分類され、目や粘膜、皮膚にとって重要な役割をもっています。そのため不足すると皮膚や粘膜の乾燥、夜盲症、成長障害などの様々な病気が引き起こされることが知られています。そんなビタミンAの新しい健康への効果がわかったようです。
ビタミンAの不足が糖尿病を引き起こす!?
 米コーネル大学のスティーブン・トラシーノ氏らの研究グループによって報告されたところによれば、ビタミンAが不足していると、糖尿病を引き起こす可能性があるとのことです...

え、ホント?糖尿病予防にチョコレートが効果的!の画像病気・医療

え、ホント?糖尿病予防にチョコレートが効果的!

チョコレートを食べたい!でも健康に悪そうだし・・・
甘~くって、とってもおいしいチョコレート。この時期、男女ともにチョコレートが食べたくなっちゃいますよね。一方、チョコレートは糖分も脂肪分も多いことで有名なので、健康への影響は少し気になるところです。

そんな悩ましいチョコレートですが、意外なことに今回、チョコレートを食べる人は、まったく食べない人よりも糖尿病になるリスクが低い、ということがわかったのです...

糖尿病になりやすい血液型は…型です!血液型占い?いいえ、占いではありません!の画像病気・医療

糖尿病になりやすい血液型は…型です!血液型占い?いいえ、占いではありません!

血液型と糖尿病リスクの大規模調査
皆さんご存知のように、糖尿病と「血糖値」は切っても切り離せません。つまり、血液の状態と糖尿病には深いつながりがあるということですが、それではいわゆる血液型と糖尿病のなりやすさには、何かしらの関係があるのでしょうか?

その疑問の答えが昨年12月、フランスの研究グループにより、糖尿病の専門誌ダイアビートロジア誌で発表されました。この論文雑誌は、糖尿病のトップクラスの国際誌の一つです。

研究グループは、約8万2000人の女性を対象とし、18年間に渡る大規模調査を実施...

え、ホント??ケーキを食べない方が糖尿病リスクが増える?の画像病気・医療

え、ホント??ケーキを食べない方が糖尿病リスクが増える?

ケーキやクッキーと糖尿病リスクの調査
 糖尿病には2タイプありますが、今回は、生活習慣でなるタイプの「2型糖尿病」についてです。この糖尿病、ケーキやクッキーを食べる人で多そうなイメージですよね?ところが!ドイツのポツダム-レーブリュッケ人類栄養学研究所を中心とした研究グループが調べたところ、ケーキやクッキーをあまり食べない人で糖尿病が多いという、驚くべき結果が出ました。この結果は、昨年11月に栄養学の国際誌に発表されました。
マーガリンだけ若干関連、他は関連無し
 研究グループは、脂肪の多い食生活が2型糖尿病のリスクを高めると言われている点に着目...