がん

病気に関する情報、ダイエット、生活習慣や健康に関する情報、そして遺伝子に関する情報など、幅広い医療・健康情報の中から、がんに関する情報をお届けします。

手ごわいすい臓がん、早期発見がカギ!親子ですべてのがんに気をつけての画像病気・医療

手ごわいすい臓がん、早期発見がカギ!親子ですべてのがんに気をつけて

手ごわいすい臓がん
 すい臓がんは、初期にはほとんど症状が無いため早期発見が難しく、また 転移をおこしやすいため、消化器がんの中で治りにくいがんの代表です。 早期発見や早期治療のために、すい臓がんと遺伝の関係がいろいろ研究されて いますが、まだ色々な事が不明です。
他人事とは思えない!すい臓がんは親子でなりやすい
 しかし、親子ですい臓がんになっている人たちがある程度の数いるため、 すい臓がんの発症には何か遺伝子が関与していると思われています。この人たちは「家族性すい臓がん」とくくられ、「突発性すい臓がん」の人たちと区別されて比較研究されています...

皮膚がんの発生を抑えている重要な遺伝子を発見!の画像病気・医療

皮膚がんの発生を抑えている重要な遺伝子を発見!

皮膚がんの発生を抑える遺伝子とは
宮城県立がんセンター研究所と奈良女子大学の研究グループは皮膚がんの発生を抑えている遺伝子を発見したことを科学雑誌Oncogeneで報告しました。

細胞の中に存在するタンパク質の多くは、「リン酸化」という化学修飾でそれらの働きが調節されていることが知られています。これまでに、がん遺伝子の変異により作られた異常なタンパク質がリン酸化により活発化し、皮膚がんになると考えられていましたが、詳しい仕組みは不明でした。彼らは、このリン酸化に関わる1つの遺伝子が皮膚がんを抑制していると発表したのです...

 寒い冬、焼イモとラーメンの車がやってきました。さてあなたはどちらを買いますか?の画像病気・医療

寒い冬、焼イモとラーメンの車がやってきました。さてあなたはどちらを買いますか?

「石焼イモ」vs「ラーメン」
小腹が減った寒い冬の夕暮れ時。遠くから「いしや~きいもっ♪」の声が聞こえてきました。と、同時に道の反対側からは「チャララ~ララッ♪」と、おなじみのあのラーメンの音が聞こえてきました。財布を持って立ち上がったあなた、さて、どちらへ向かって走りますか?
腎臓のがん「腎細胞がん」
さて、今日の本題に入りましょう。今日は腎臓のがんのお話です。腎臓は、腰のちょっと上の位置に左右1つずつある、ソラマメ形の臓器です。その主な役割は、血液をろ過して、不要な成分を尿にすることです。この腎臓に出来るがんの1つが「腎細胞がん」...

え、ホント!?テレビを見すぎるとがんになりやすい・・・?の画像病気・医療

え、ホント!?テレビを見すぎるとがんになりやすい・・・?

昔騒がれたブラウン管テレビの電磁波
いつの間にかブラウン管テレビは過去のものとして世の中から消え去り、液晶テレビの時代となりました。当時の人は記憶に残っていると思いますが、ブラウン管テレビから出る電磁波が健康に悪影響を及ぼすとして、随分騒がれましたよね。私も親から、テレビは遠くで見るようにと散々言われていました。

ところがこのたび、ドイツの研究グループにより、座っている時間が長いとがんになりやすく、特に(テレビ画面の種類に関わらず)テレビを見ている時間が長いと、がんになりやすい、というデータが明らかになり、昨年7月、がんの分野の有力国際誌で報告されました...

がん研究の成果は出ているの? がん生存率の推移を国際的に比較した結果とは?の画像病気・医療

がん研究の成果は出ているの? がん生存率の推移を国際的に比較した結果とは?

「がんの5年生存率」って?改善してるの?
「がんの5年生存率」という言葉をご存知でしょうか?これは、がんの治療開始から5年間生存している人の割合を示している数値だそうです。

1995年から2009年までの期間において、世界の国々におけるがん5年生存率の動向が明らかにされました。がん治療において、医療の進歩は著しく進んでいるといわれていますが、果たしてがんの5年生存率は大きく改善しているのでしょうか。そして、国や地域による生存率の差は少なくなっているのでしょうか...

アンラッキー!なんて冗談でも言えないがんの3分の2は「不運」から起こるの画像病気・医療

アンラッキー!なんて冗談でも言えないがんの3分の2は「不運」から起こる

最近、がんになる要因は、遺伝子や環境的な要因よりも、「不運」が多くの原因を占めているという驚きの報告がありました。
細胞が分裂する数とがんになるリスクに関連
不運、とは一体どういうことなのでしょう?
ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの研究グループが、サイエンスの2015年1月2日号で、さまざまな組織の元になる、「幹細胞」と呼ばれる細胞の分裂数と、がんのリスクに関係があることを示しました。
幹細胞とは何でしょうか。私たちの体は皮膚、目、内臓、骨など様々な組織を持っていて、それぞれの組織にはそれぞれの細胞が必要です...

「鬼は~外!」年の数だけ豆を食べたら緑茶をすすってがんもお外へ!の画像病気・医療

「鬼は~外!」年の数だけ豆を食べたら緑茶をすすってがんもお外へ!

がんの女王蜂「がん幹細胞」
がん研究の進歩により、いろいろな仕組みでがんをやっつける、様々な種類の抗がん剤が登場してきています。それなのに、がんの転移や再発との戦いが終わる日は、まだ先のように思えます。どうしてなのでしょう?これまでの研究により、その謎を解くカギは、「がん幹細胞」と呼ばれる、がんの「女王蜂」のような細胞が握っているようだという事が分かってきています。

がん幹細胞は、次々にがん細胞を生み出し、しかも抗がん剤も効かない特殊な細胞です。1997年に白血病で見つかったのを最初とし、その後様々ながんで発見されました...

女性必見!女性特有のがんのリスクを下げる食品が判明の画像病気・医療

女性必見!女性特有のがんのリスクを下げる食品が判明

日本女性で二番目に多いがん、卵巣がん
卵巣がんは日本では婦人科系がんの中で2番目に多いがんで、40~50代の発症率が高いとされています。英国イースト・アングリア大学医学部のエイディン・キャシディ氏らの研究グループは、栄養学の国際誌であるアメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション誌2014年11月号で、女性特有のがんである卵巣がんについて、「フラボノイド」という物質に予防効果があることについて報告しました...

サプリメントにはがん予防効果なし!? ビタミンは食事で取るべし!の画像病気・医療

サプリメントにはがん予防効果なし!? ビタミンは食事で取るべし!

ニセ薬とサプリメントで効果を比較
 米国ハーバード公衆衛生大学院のルー・ワン氏らの研究チームは、サプリメントとがんのなりやすさについて研究するために、約1万5000人を10年近く調査するという大規模な研究を実施しました。研究チームは、米国に住む50歳以上の男性医師1万4641人をランダムに3つのグループに分け、それぞれ下記のような生活を送ってもらいました...

え、ホント!?化粧品に含まれるアノ成分ががんのリスクを上げる!?の画像病気・医療

え、ホント!?化粧品に含まれるアノ成分ががんのリスクを上げる!?

抗菌作用のある日用品の多くに含まれる物質“トリクロサン”
 私たちは日頃、せっけん、シャンプー、歯磨き粉から、化粧品、消臭剤、うがい薬、寝具、衣類、カーペット、おもちゃ、ゴミ袋に至るまで、さまざまな「抗菌作用」をうたっている日用品に取り囲まれています。これらの製品の中には、成分表示に「トリクロサン」と書かれているものがあります。
肝臓がんになりやすく
 トリクロサンは、日本では厚生労働省が使用を認めている抗菌物質です。しかしこれが肝臓がんのリスクを高めるらしいということが、このたび研究により明らかになりました...